簡易裁判所訴訟代理業務

・お金を貸したけど返してもらえない。

・家賃を払ってもらえない。

・売掛金を支払ってもらえない。

上記のような日常のトラブルのうち、140万円以内の事案について、

認定司法書士が依頼者の代理人として簡易裁判所における訴訟

および和解交渉等を行います。

 

認定司法書士とは?

平成14年の司法書士法改正により、所定の研修を受け、法務大臣が

認めた 司法書士(通称・認定司法書士)は、簡易裁判所において

弁護士と同じように 訴訟代理業務(訴額140万円以内の裁判)を

行うことが出来るようになりました。